意外と見落としてしまう挙式の問題点とは?

 

結婚式を挙げる際に気になるのが来客者の反応という人は多いかと思います。

 

ブライダル産業は一大マーケットになっており雑誌媒体なども大きく広がっています。

 

ですが、来客者が見る部分という部分はあまりメディアなどには展開されないことが多く新郎新婦の希望通りにしたところ、友人関係が壊れたなども珍しくはありません。

 

 

 

来客者が見る部分とは?

 

結婚式への参列者、来客者が最も見る部分は料理になります。

結婚式は同市きても費用が高額になることが多く、このために料理などを簡素にし、ご祝儀で黒字を狙おうなどの見出しでブライダル雑誌なども多く発行されているためにもっとも簡素にされる部分のひとつになっています。

 

ですがこの料理は、今後の新郎新婦との関係を左右するバロメーターにもなります。

 

 

友人間、仕事上での関係からのご祝儀

 

 

結婚式は二人の人生の新しい出発点でもあり、非常におめでたいものでもあります。

そのお祝いをしたいという気持ちは友人や会社の同僚でもみんな持つものですがここで出てくるのがご祝儀の問題になります。

 

ご祝儀の相場は会社の同僚で親しくはなくとも3万円、友人もほぼ同額という流れが多く

この金額から式の費用を賄い、プラスアルファで黒字化を狙うカップルも少なくはありません。

新郎新婦はブライダルコースの中にドレスなどのレンタル代などがすべて含まれていますが、参列者はそうではありません。

参列者は遠方であれば会場までの新幹線などの移動費、当日の帰宅が困難な場合は宿泊費、ヘアセット代や参列用の礼服、ドレス代などがご祝儀のほかにもかかります。

 

当たり前のことですが新郎新婦当事者はこの部分を忘れがちになってしまうことも多く、その結果、黒字にしようとした際に料理などであからさまに分かったので付き合いを変えるきっかけになった、なども多くあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

黒字を狙わないことも大事

 

結婚式は参列者もご祝儀だけでいいというものではありません。

様々な費用面や日程、予定などの調整をしていることを忘れてはいけない部分になります。

どうしても費用面が不安だという場合などは会費制などを利用することで、参列する側も負担が減り、気持ちの部分も楽になります。

 

会費制やレストランウエディングなどの場合は平服でOKという文面などを出すことも大事です。

ブライダルなどをしっかりと行う際に、黒字化を狙うことは今後の友人関係や仕事上での関係、親せき付き合いなどにも大きな支障出すことも多く、ネット上には「見え見えの黒字狙いで料理も最悪。もう付き合わない」などの辛らつな意見も少なくありません。

 

結婚式は一度ですが友人関係や親せき付き合い、仕事での付き合いなどはそれから長く続くものになります。

結婚式の事を何十年と指摘されることも珍しくありません。

参列者側の気持ちと負担、疲労などを考えた式を行い、無理な黒字化は狙わないのがベストともいえます。

 

 

 

季節に合わせたブライダルを

 

ブライダル業界で強く推しだしているのが「ガーデンウエディング」になります。

パンフレットなどを見てもバラの庭園や、粉雪の中での挙式は写真としても美しく、昨今のインスタ映えなどを求める女性にとっては嬉しいプランの一つともいえます。

 

ですが、このガーデンウエディングもトラブルのもとになりやすいプランの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

待ってる側が感じること

 

 

ガーデンウエディングの苦情で最も多いのがクリスマス前後などに行われるものになります。

シチュエーションとしては粉雪の中での純白のドレス、花嫁の揺れるケープやローブは非常に美しいものですが、参列者はその数時間前から寒い環境などで新郎新婦を待つことになります。

「クロークなどでコートを返却してもらえないまま、寒空の下で待たされた」

「神父はガウンとケープを着用で短時間だけの滞在だった」

「寒さ対策を一切してくれないガーデンウエディングだった」

という声が冬場は非常におおいです。また、同様に初夏のガーデンウエディングも虫が出てきたり、日射病、熱中症などの対策を一切取ってくれなかったなども多く、ガーデンウエディングは好評とは言い難いとなります。

 

 

喜ばれるのは最低限屋根と壁があること

 

 

ガーデンウエディングというだけで欠席を選んだ。

この意見は少なくはありません。

特にインフルエンザの季節などはガーデンウエディングは感染源になることが多く、風邪はもちろんですが肺炎などをおこしてしまったなどの話も多くあります。

ガーエデンウエディングは演出や写真には非常に適していますが、同時に外でのパーティも執り行うなどは控えるべきと考えてもいいでしょう。

 

室内でもガーデンウエディングに近い演出は可能です。

イルミネーションなどで粉雪の演出などを取り入れて、ガーデンでの写真は前撮りなどで準備し、スライドなどで展示することで参列者、来客者に対する気遣いなどを見せることにも繋がります。

前撮りなどは納得いくまでしっかりと撮影ができ、当日にデジカメやスマートフォンなどでスナップ的なものも余裕を持って撮影することができます。

日本の様に高温多湿の場所でのガーデンウエディングはあまりいい印象を来客者、参列者には与えないとかんがえましょう。

 

 

結婚式はあくまで参列者の事を考える

 

 

結婚式の主役は新郎新婦である。

これは間違いない事です。

ですが同時に、参列する側も大事な存在であることを忘れてはいけません。

もてなす側として、この式に参列してしてる側がどれだけ快適に過ごせるかを考える必要があります。

 

せっかくの結婚式を嫌な物だったといわれるよりは、素晴らしいものだったと言われたほうがいいのはだれも同じだと思います。

 

花嫁のやりたい式を考えることも大事です。

ですが同時に気候や天候などの考慮もとても大切なものと言えます。

 

ブライダルコースはプランナーによって大きな違いが出てきます。

プランナーの中にはこのような季節を前面に押し出したガーデンウエディングを推奨してくる人も少なくありません。

ですが参列者の中には体調不良の人もいれば、ご高齢の親類なども出てくることを考えれば当日の天候に左右されるものや不安のある式などは室内でお螺子様な園主tyができるかどうかなどを考えていくことでより良い結婚式につながるともいえます。

 

また、小さな子供さんなどがいる場合は参列に同行するならば託児可能なシステムを準備しておくことも大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

二次会もチェックの対象

 

 

 

二次会などは幹事に任せることがほとんどであり、新郎新婦は移動だけということも珍しくありません。

そのために、二次会の段取りなどは幹事が執り行ってくれるので幹事のプライベートなどは二次会が終わるまでだいぶ少なくなってしまいます。

気のおける関係の人にお願いすることが多いのが幹事ですが、気持ちなどは「お花代」として包んできちんと渡すことで新郎新婦の品格などにも繋がっていきます。

 

会社の上司などへの祝辞も同様でありギフト券などで渡すなどの心配りなどを行うことなども結婚式をよりよいものにするために大事なことになってきます。

 

漢字への御花代も現金でも問題はありませんが商品券などで現金と同じように使えるものなどでもスマートな方法になります。

 

結婚式や二次会などで誰かに何かをお願いするという場合にはお花代という名目で相手に事前に渡しておくことなどは忘れずに行っておきたい部分になります。

 

「幹事が親友だから気遣いは要らない」ではなく「親友だからこそ、きちんとした謝礼を渡したい」と考えることでより良い友人関係や人間関係にも繋がっていきます。

 

結婚式のあとから急に友人や同僚がよそよそしくなった、冷たくなった気がする。

こんな話を聞いた時にはいずれかの条件が合致していると考えてもいいでしょう。

 

こちらもお勧めの記事→結婚式場で見ておくべきポイントや聞いておくべきポイントは何か