退職のお祝いを家族で一緒に祝う食事会

食事会

退職のお祝いを家族で一緒に祝うという食事会をしても良いでしょう。

食事会はこれまでの仕事を一区切りさせてゆっくりと休んでもらうための一つの区切りのようなものと考えてもらう事も出来ます。

そして、これは当人のこれまで背負ってきた重荷を降ろしてもらうという意味でも意義深いものとなる事も考えられます。

家族としては、そのような重荷を背負ってきた事に対して感謝をすること言う事が素直に出来る会にもなるので、やってまず良かったと感じる事にもなるでしょう。

当人は会社を退職するという事を様々な思いで考えていることでしょうから、そのようなおもいを取り除いてあげるという事もこの会で出来る事になる事も考えられる。

基本的に今の日本においては仕事を辞めるという事は、大きな人生の転換となる事は間違いありません。

ですから、退職をするという事は大きな意味を持つ事になる事で家族がそれを認めているという事をこの食事会は意味することにもなります。

 

退職祝いの食事会。特別盛大にする必要性はない

 

家族 団らん

場合によっては辞める当人が後ろめたく感じている事も考えられない事ではありません。

なので、そのような事を感じなくても良いという事を意味することにもなり、これで一気に楽になるという事も考えられることになります。

人は一人ではなかなか決められないことがあり、家族がいればそれは尚更でしょう。

家族のために仕事をしていたわけですから、その決断は家族が認めてくれることでより当人も気が楽になる事は間違いありません。

これから別の仕事をするにしても、ぶらぶらするにしてもやりたいように出来るようにもなるという事です。

家族がいることの有難さを感じる事が出来るようになる。

ですから、食事会は別に盛大にする必要もなければ、特にかしこまってする必要もなく、

誰もが気兼ねなく話しをすることが出来るというようなところでするという事を考えるのが良いかもしれません。

奇をてらうことなく自分の思ったことが言えるという事の方が大切ですから、家族水入らずで楽しめる所という事にするのが良いかも知れません。

お酒なども入っても良いでしょう。

居酒屋ということになると少し違うという事はあるかもしれませんが、お酒を飲んで楽しく過ごすという事も一つの意義深いものとなります。

勿論、お酒が誰も飲めないというのであれば、お酒がある所にする必要はありません。

 

退職について家族も承認していることを形で示す良い機会になる

 

家族 団らん

最近は退職をするといってもそれほど珍しいことでは無くなっていますから、昔ほど深刻になる必要もない事はほとんどの人が理解していると考えてもいいでしょう。

ただ、当人は責任があるのでその重責を感じざるを得ないという事はよくあります。

世間の認識と実際に責任を持っている人の認識が違う事は良くある事ですから、食事会はそのような重荷を背負う必要は無いという事を感じてもらう席となる側面も事もあるかもしれません。

基本的に今の企業は終身雇用では無くなっているわけですから、定年を迎える前にほとんどの人は退職をして別の仕事をするようになるという事はもう世間的にも常識でもあるわけです。

定年というモノが既に無くなってきつつあるような時代ですが、それでも家族を養わなければならない者の責任感が変わる事は無いわけですから、これまで以上に責任を感じる人は多いかもしれません。

退職をする理由は様々な事が考えられますが、いずれにしても家族に少なからず影響は出る事になるでしょうから、それを皆で承認しているという事を形で示すことも大切になるというわけです。

OKサイン

これは、別に気にしないでいいよ、といつでも言ってあげるという事も出来ますが、そのような事を何もないところで言うのはなかなか出来ません。

ですが、こうした食事会のようなものがあればその場では別に言っても誰もおかしなことを言っているとは感じないはずです。

至極普通の事を言っているだけですから、自分の想いを言える数少ない場という事になるかもしれません。

ですから、このような場は意識して作るという事が大切という事です。

それをお祝いという形ですれば、当人も出やすいですし、家族も集まりやすいという事にもなるはず。

別に退職するという事が悪いことでもなければ、ネガティブな事でも無いはずです。

むしろ、前向きに事を考えることが出来る事も多いわけですから、これがお祝いでも問題はないはずです。

 

まとめ

 

紙飛行機

昔は退職と言うとどうしてもネガティブなイメージか付きまとう事が多かったわけですが、そのような考え方は既に古いものとなっています。

今は積極的に退職して自分の仕事を探すようにする事が重要な時代ともなって来ています。

ですので、これからはいちいち食事会など開いているのもおかしいというような時代になるのかもしれません。

ただ、まだ時代はそこまではいってはおらず、今はやはりまだまだ退職したというのは人生の大きな変換点を迎えたという事になるでしょう。

なので、そのような時にはお祝いをしてあげて、その行動を認めることはした方が良いと思われます。

 

お祝いの仕方について参考のアンケート→生の声が参考になる!職場の上司が喜ぶ「定年退職祝い」の贈り方