酒が好きな父への傘寿祝いに

日本酒

傘寿を迎えた父へのプレゼントに名入れ酒を贈るというのはどうでしょう。

本人が喜んでくれることはありますが、家族全員が感動出来るという意味でも意義深いものがあると考えられます。

お酒が好きという事ですからまず、好きなモノを贈ってもらう事が出来るという喜びを感じる事が出来るのがこのプレゼントの素晴らしい所です。

自分の好きなモノを贈られると人はまず自分の事を分かってくれているという事を感じる事になるので、感動がより深まるところがあるという事です。

自分の事を理解してくれていて、さらに気遣ってくれているという事を感じる事が出来るというわけです。

傘寿を迎えた父へのプレゼントとしては正に最適と考えても良いでしょう。

みんなで飲みあうことで喜びを分かち合える

家族

お酒は最高の贈り物となると考えられるのは、みんなでその場で分けて飲むことが出来るという事もあります。

その為に家族でお祝いしやすいという事もあるでしょう。

自分が貰ったものをその場でみんなに分けてあげるというのも父の楽しみの一つとなります。

貰いものではありますが、みんなが感謝してくれてありがとうと言いながらお酒を配るのは父の楽しみの一つもなるでしょう。

自分が貰って嬉しいという事もありますが、人に分けてさらに喜びを分かち合う事が出来るのがこの贈り物の素晴らしいところです。

自分に対して心配りをされているという事が分かりますが、さらにそれを家族に分けることで自分も心配りをすることが出来て、場が最高に和むことは言うまでもありません。

子供達が感謝を素直にすることが出来るという場にもなるでしょう。

ありがとう

お酒を分けてもらってありがとうという言葉も素直に出てくる事になります。

気が利く人であればさらに日ごろの感謝などもその時に述べることも出来るでしょう。

こうした感謝の言葉というのは実はなかなか言う機会がないので、こうした機会でもなければまず言う事は無いでしょう。

そして、こうした時に自分の幸せを実感することが出来るという事にもなります。

傘寿ともなれば、これまで様々な事があったことが予想されますが、こうした祝いの席があればその苦労も報われたと感じる事になるでしょう。

単にモノを贈られたという事だけではなく、家族が全員自分をお祝いしてくれるというこの心の方が嬉しいものなのです。

名入れ酒は後に残していくことができる

瓶

贈り物が嬉しいのはモノではなく心だと言っても良いかも知れません。

そして、この心はなかなか口に出して言う機会は無いものですが、このような機会があれば贈る方も贈られる側もより嬉しさが増すことになるでしょう。

そして、名入れ酒ということになると、これは前もって準備をしてくれたという事も分かりますし、何より自分の記念となるということがあります。

お酒はその場で飲んでしまって無くなってしまうという事がありますが、こうした名入れ酒とすることで、後に残していく事が出来るという事にもなります。

そのような意味では様々なお祝いをこうした名入れ酒にして残していくという事をするのも良いかも知れません。

贈る側はいちいち贈り物を考える必要がなくなりますし、贈られた側もそれを記念として残していきやすいという事になります。

シニア夫婦

お酒の銘柄は出来るだけ変えて違うモノにした方がいいかもしれませんが、形として残すことが出来るので、後で見て楽しむという事も出来るようにもなります。

この後で見て楽しむことが出来る贈り物は贈られる側としても楽しいものです。

次を楽しみにするという事も出来ますし、飾っておいて、何気なく見た時にこんなことがあったという事で思い出すきっかけとする事も出来るようになるわけです。

人の記憶はこのきっかけが大切なのであって、きっかけがないとなかなか思い出すことも出来ない事がほとんどだったりします。

つまり、このきっかけが形のある物として残すことが出来るということは、何度でもそれを楽しむことが出来るという事になります。

傘寿を迎えたお父さんはあまり、楽しいイベントなども少なくなってきている可能性もありますから、このような形で残すという事を考えても良いはず。

名入れ酒はそうしたものにもなるということです。

最後に

自分の名前というのは誰もが誇りを持っているもので、傘寿を迎えた方ともなれば、それは当然自分の誇りとなっていると考えても良いでしょう。

ですから、その名前があるという時点でそれは特別なモノとなるという事です。

それが子供達からのお祝いとして出てくるという事になれば、これは格別のものとなる事は想像に難くありません。

貰って嬉しいことは当然ですが、自分の自尊心も満足させてくれるものとなるといっても良いはず。

人にとって名前というのはそれだけ意義深いものがあるので、その名前を自分の好きなモノにつけてもらうというのは悪い気がする人はまずいません。

お酒を愛する人はお酒を自分の人生の一つのパートナー的なものと考えるような事もありますから、それを贈ってもらって喜ばない人はまずいないはずです。

 

名入れ酒でおすすめの販売先→80年前のお誕生日新聞付きの名入れ酒の販売元「傘寿祝い館」