塩レモンのレシピ事例

塩レモンのレシピ

塩レモンは、自然に熟成が進むので、時間がおいしくしてくれます。

塩レモンのレシピとしておすすめなのは、塩分濃度10%です。

適度なしょっぱさがあり、塩味の見当もつけやすく非常に使いやすいです。

レモン丸ごとで漬け込むのがモロッコスタイルになりますが、くし形に切って漬けると1か月くらいで塩がよくなじみ、少量でもつくりやすいので便利です。

料理の味わいを引き締めてくれる塩レモンは、酸味も穏やかなので、酸っぱいのが苦手な人でも大丈夫です。

料理としての塩レモンのレシピは、鶏手羽の塩レモン焼などが人気ですが、野菜を劇的においしくするのが塩レモンです。

サラダに蒸し野菜にディップに、そしていつものポテトサラダに塩レモンを使えば、よそゆきに変身します。

おすすめは、簡単にできるキュウリの塩レモンマヨディップです。

爽やかな塩レモンに、マヨネーズと酢がキュウリディップにとてもよく合います。

塩レモンのキャベツの蒸しやきもいいです。1ヶ月漬け込んだ塩レモンで肉と野菜を蒸し焼きにすると、とても柔らかくなり、お弁当に持って行っても美味しく食べられます。

塩レモンは、ごはんのレパートリーをぐっと豊かに爽やかにしてくれます。

塩レモンのサラダ編

健康のためや美容のために毎日サラダを食べるという人もたくさんいますが、自分でサラダを作って食べる際に塩レモンのレシピを参考にすると良いです。

近年ではアボガドを使ったサラダを食べることも多くなりましたが、アボガドとベーコンやその他魚介類などを混ぜて塩レモンで和えるととても食べやすくなります。

また、自分で作った塩レモンにオリーブオイルやブラックペッパーなど加えてサラダの上にかけるだけで、見た目もキラキラとして美しく食べる際にも非常にさっぱりとした味わいのサラダに仕上がります。

生ハムとの相性も良いので、生ハムを使った様々なサラダに塩レモンの風味をプラスしてみるのもおしゃれな塩レモンのレシピになります。

さらに、お豆腐を使ったサラダを食べる際にも塩レモンを使うとお豆腐の甘みがますので満足度の高い仕上がりとなります。

このほかにも温かいサラダを食べる際にもブロッコリーやトマト、人参などと言った温野菜に生ハムと塩レモンを混ぜたものを添えると、少々変わったバーニャカウダとして食べることもできます。

サラダは可能な限り取り入れた方が良いメニューとなっているため、塩レモンのレシピをどんどん活用しながら美容と健康を手に入れましょう

塩レモンのパスタ編

パスタ料理というのはとても手軽に作ることができて、なおかつ合わせる具材によってはヘルシーに食べることができるため、女性のダイエットやランチなどにも人気あります。

またお子様もパスタ料理が好きというケースが多いので、ご家庭でも様々なパスタ料理を作ることが増えてきていますが、塩レモンのレシピの中にパスタも含まれています。

塩レモンを使うだけで簡単にクリーミーなパスタを作ることができるのですが、生クリームと塩レモンを準備してなおかつ、ベーコンなどを準備しカルボナーラを作る時のように塩レモンと生クリームを変えながらパスタを混ぜると濃厚で、なおかつさっぱりとしたカルボナーラを食べることができます。

また冷たいパスタを食べるときには、シソやその他生野菜などと合わせて塩レモン、それからキャベツ、ツナなどをパスタに混ぜるだけで食欲がないときでもしっかりとした食事をとることができます。

温かいパスタにも冷たいパスタにも塩レモンピッタリとマッチしてくれますので、パスタを使った塩レモンのレシピを自分なりに考案してみてはいかがでしょうか?

塩レモンの魚編

塩レモンは様々な料理に合いますが、特にお魚を食べる際の塩レモンのレシピはさっぱりとした仕上がりになるため、普段はお魚を食べることが苦手な人でも食べられる可能性が高くなります。

例えば煮物を作る際にも、また魚を焼く際に塩レモンを少々プラスしてお魚を焼くだけで、お魚の臭みそのものも無くなりさっぱりとした仕上がりになります。

そのため、タルタルソースなどを使わなくてもバター醤油で食べられます。

また近年ではカルパッチョをご家庭で食べる人々も多くなりましたが、カルパッチョを食べる際にもオリーブオイルを使ったドレッシングではなく、塩レモンを少々添えるだけで見た目もおしゃれで鮮やか、そして食べてもさっぱりとしてお酒のつまみなどに最適です。

また干物を焼いて食べる際にも塩レモンと大根おろしを混ぜたり、細かく刻んで白ネギなどを混ぜてお魚を食べると非常に美味しく、お魚の風味もより一層良いものになります。

日頃はお魚を食べることが少ないご家庭でも塩レモンのレシピを上手に活用していく事で、お魚を使ったメニューが増えるのではないでしょうか。

塩レモンの鶏肉編

鶏肉を使った料理はヘルシーでなおかつ経済的にも低コストなため、それぞれのご家庭でオリジナルメニューを考えているものですが、塩レモンのレシピとして、鶏肉を使ったものもたくさんあります。

例えば、いつものように唐揚げを作る際にも漬け込みをする際に塩レモンを少々加えるだけで油っぽさが減り、とてもさっぱりした仕上がりになります。

またこの他にもチキンステーキを焼いてからバターと醤油などのソースをかけるのではなく、塩レモンでソースを作って乗せる。これだけでもさっぱり食べることができます。

特にチキンステーキのように皮を1枚大きく使ってしまうような食事の場合にはカロリーも気になり、さらには油が気になってしまい苦手という人もいるようですが、塩レモンのレシピを上手に活用することで食べた際のさっぱり感が大きくなりたくさん食べられます。

このほか、鶏肉を使って鍋料理をするなどといった場合にも火が通った鶏肉を食べる際に塩レモンを少しのせて食べたり、お鍋のスープを作る際に塩レモンを混ぜると風味もよくなります。

もちろん、ごく一般的に唐揚げを作って食べる際にも塩レモンを少し乗せて食べるだけで、いつものから揚げがおしゃれな味に早変わりしてくれます。