酒が好きな88歳の父には何をプレゼントする?

お酒が好きな、喜寿を迎えた父へのプレゼントにはやはりお酒を選択するのが適切です。

お酒好きなお父さんに「名入れ酒」

どのようなお酒を選択するのが良いかと言うと、ひとつは名入れ酒です。名入れ酒と言うのはラベルやボトルの部分に名前を入れたお酒のことです。

簡単なメッセージを入れることができる場合もあるので、そうしたものをプレゼントすれば非常にお祝いの品物として相応しい仕上がりとなります。

またそれほど特別なお酒でなくても、名入れ酒にするだけでスペシャル感のある、特別なお酒のように思えてくるのもプレゼントに相応しいと考えられます。

加えて中身を飲み終えた後でも、自分の名前が入れられたボトルなどは良い思い出の品となることも期待できます。

名入れ酒は酒店でオーダーすることもできますし、インターネットを通じて注文することもできます。可能であれば、簡単なお祝いや感謝の言葉も入れておくとなお良いです。

お祝いの席などが設けられる場合は、きちんとその場で渡すことができるよう、余裕をもって注文をするのが大切です。

世界にひとつだけの名入れ酒は、お父様は勿論のこと、家族全員が感動するようなプレゼントになるはずです。

日頃飲めないような高品質なお酒をチョイス

それからせっかくの機会なので、特別なお酒、取り寄せなどでしか購入できないようなお酒を送るのも素敵です。

現在ではインターネットを通じて全国各地の名酒や銘酒、また希少性の高いお酒なども購入することができるようになっています。

こうしたお酒は少々、値段が張ることも多いですが、やはり特別なお祝いに渡すものなので前々から予算をたてておいて、購入するようにするととても喜ばれます。

事前にお父様がどのようなお酒に興味を持っているのか、どんなお酒を飲んでみたいと言っていたのかと言ったあたりをリサーチしておくと、商品を選ぶ際に役立ちます。

日頃飲んでいるお酒をプレゼントするのもあり

一方で普段からお父様が飲まれているお酒を知っていると言う場合は、それを贈るのも良いかもそれません。

プレゼントにおいて大切なのは、受け取られた側が確実に喜んでくれるかどうかと言う点です。

その点に関して言えば、普段から飲んでいるお酒と言うのはそれだけ好物だと言うことですから、贈られたお父様も確実に喜んでくれると考えやすいです。

ただこの場合でもやはりお祝いのために渡すものですから、ある程度は特別なプレゼントらしくすることが求められます。

できればしっかりとしたパッケージ、箱に入れてラッピングをすると言った具合です。これはやはり実のお父様が贈る相手であっても、親しき仲にも礼儀ありだと言えます。

名入れ酒+グラス・おつまみ等をセットにするとさらに特別感UP

こうしたお酒には、余裕があればグラスやおつまみを添えてプレゼントするのもおすすめです。

お酒が美味しくなるようなおしゃれなグラス、あるいはこだわりの製法で作られたグラスを添えると、普段飲んでいるお酒もグレードアップします。

あるいは日本各地の名産おつまみ、美味しい食べ物なども合わせて送ると、お酒がより一層、進むかもしれません。

ただいずれにしても、祝福と感謝の気持ちを込めてプレゼントをすることが第一です。

こちらの記事もプレゼント選びの参考になります→酒好きな父への米寿祝い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です