還暦のプレゼントの定番商品とは?

かつては現代のように平均寿命が長くなかったので60歳にもなれば高齢者という扱いになっていましたが、今日においては還暦を迎えても定年退職をしておらず現役で働いている方々が少なくないのでお年寄りを連想させる赤いちゃんちゃんこは避けられるようになっています。

赤色の洋服・花

そのためちゃんちゃんこは選ばない方が良いのですが、一つの節目であるという点は大事にして赤色のお洋服やお花をプレゼントに選ぶのが定番になっています。

赤色であれば活力が溢れる色味ですし若々しい様相なので好ましいものの、心身機能の衰えや老いを連想させてしまうアイテムを選定するのはやめましょう。

具体的には杖や老眼鏡であり、身近にあると生活の質が向上して良いと捉えてしまいやすいのですが周りからどのように見られているのかを考え込み気落ちさせます。

またプレゼントはそのまま差し上げるよりも一言メッセージを添えた方が温かい気持ちになれて良いですが、選ぶ言葉には十分注意し余生といううっかり使いそうになってしまうネガティブなワードは入れないようにしてください。

これからの新たなる船出にふさわしい物

そうした点を考慮して還暦のプレゼントに選ぶと喜ばれるのは、家事やお仕事から一時的に離れられる物事であり、新しい人生のスタートを応援してあげられると良いでしょう。

まだ現役で仕事場で働いていたとしても還暦のプレゼントがビジネスアイテムであれば、休まずに働かなければならないというメッセージだと誤認してしまいます。

そこで美しいお花や普段はなかなか食べられない美味しい食材やコース料理などを選んだり、私生活で身につける事が可能な雑貨や衣類にしてください。

これまで長い年数にわたって尽力してきたビジネスや家事とは異なる新たなる船出に相応しい物が心から喜ばれます。

旅行

また年齢的に毎日朝から出勤していたとしても夜遅くまで残業し休日は休日出勤に繰り出すというライフスタイルからは解放されているので、体力がある上に時間にも余裕があるというのが還暦の特徴です。

そのようにアクティブに過ごす事ができるからこそ実現できるのが、長い時間の移動を要する遠くまで旅行に出かけたり趣味に没頭するという様子です。

これまでは理想として抱いていたものの時間の都合上諦めていた旅行先までのチケットや宿泊券を手配してあげると、難しい手続をしなくても良いので喜ばれますしリフレッシュしてまた元気に過ごしてもらえます。

手作りアルバム

そして還暦となれば子供は既に大きく成長し社会人として活躍している年齢ですし、孫が居ても違和感がないので大黒柱として尽くして頂いた様子に感謝を示し、歴史が記録されているアルバムをプレゼントするのも定番です。

作る時にポイントになるのは過去だけを振り返らない様相であり、あらゆるシーンの写真をスクラップしつつ孫のことも多々含めてこれから先の未来についても思いが馳せられるようにすれば活力が得られます。

このように定番となるプレゼントは前向きな心情になれて、還暦だからこそ得られる喜びにも浸れるのが優れた贈り物となります。

参考記事→還暦祝いでのプレゼントの選び方