チアシードを取り入れた健康生活

チアシードで健康生活

チアシードというとダイエット目的で摂取する人が多くみられますが、実はもともとこのチアシードと水さえあれば生きていくことが出来ると言われていたほど、栄養的にもとても優れた食物で、健康生活を送る上でも大変優れた食物になっているんです。

チアシードの約30%は脂質なのですが、その脂質にはオメガ3系の必須脂肪酸であるαリノレン酸を20%以上含んでいます。

一方で飽和脂肪酸は脂質全体の1割程度と少ないという特徴があるんです。

体にとって必要なアミノ酸や必ず必要になる必須アミノ酸については、そのすべての種類を含有しています。

ミネラル分も大変多く、

  • カルシウム:631mg
  • カリウム:407mg
  • 鉄:16.4mg
  • 亜鉛:3.7mg

※100g中

とたいへん豊富になっています。

さらに食物繊維も豊富で、

  • 食物繊維:40g
  • 不溶性食物繊維:約30g
  • 水溶性食物繊維:約10g

※100g中

も含まれていますでの、便秘改善や予防を行うことが出来ます。

便秘は万病の原因にもなりますよね。

チアシードを常食していたと言われているメキシコの先住民族には肥満や糖尿病、高血圧症や心臓病といった疾患を抱える人がいなかったと言われているほど、健康生活を送るためには良い食材なんですよ。

チアシードとオメガスリー

チアシードには、オメガスリーが含まれています。

チアシードには、現代人が摂取しにくく、不足しがちな必須脂肪酸であるオメガスリー系の脂肪酸、αリノレン酸を20%以上も含んでいます。

そう言う意味では、とても貴重な食材なのです。チアシードを10g食べるとだけで、αリノレン酸を2g食べることになります。

これで1日の推奨摂取量を取れるようになっています。

チアシードは、料理に使いやすいので、オメガスリー系の脂肪酸を含む食材として、毎日の食事におすすめできます。

オメガスリーは、現代人に特に不足していると言われています。

肉類、乳製品に偏った現代人の食生活は、αリノレン酸などオメガスリー系の必須脂肪酸不足を招いています。

木の実、果物、野菜、魚中心の昔の時代は、そうしたことはなかったのですが、欧米化が進んだ現代人の食生活は、かなりオメガスリーが欠乏しています。

健康にとって理想的な摂取比率を叶えるには、チアシードでオメガスリーをしっかり摂るのが一番です。

オメガスリーを積極的に摂取すれば、ガン、心臓病、脳梗塞、アトピーなどの生活習慣病にさらされることが少なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です