米寿のプレゼントにプリザーブドフラワーギフトはいかがですか

日本では年齢の節目にお祝いをするのが伝統になっており、還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)米寿(満88歳)を年祝いと呼び祝います。

米寿は米と言う漢字を分解すると、八十八に見えることが由来となっています。88年間の人生にはきっと色々な出来事があったと思います。

米寿のお祝いには、お孫さんやひ孫さんまで家族みんな揃ってお祝いしてあげたいですね。

大変な時代を生き抜いてきた人生の先輩に、尊敬と感謝の気持ちを込めて、美味しい料理や温泉、孫やひ孫達からの絵のプレゼントなど、盛大にお祝いする事が多いようです。

米寿のお祝いには、金色、金茶色、黄色の物を贈るのが一般的とされており、黄色の座布団や扇子、頭巾などを用意しお祝いします。

還暦は赤で米寿は黄色なんですね。米寿の黄色の意味はあまりよくわからないようですが、米のお祝いなので、稲穂のイメージから黄色や金色なのかも知れませんね。

プリザーブドフラワーなら手入れの必要がなく長く美しさを保てる

おじいちゃん、おばあちゃんの米寿のお祝いに綺麗なフラワーギフトをプレゼントしませんか。お花なら元気をもらえるし、見ているだけで心が癒されます。

お祝いのサプライズとしてフラワーギフトがおすすめです。フラワーギフトの中でも今とても人気なのがプリザーブドフラワーです。

プリザーブドフラワーは、生花本来のフレッシュさを残したまま特殊加工されたお花で、水やりや手入れの心配もなく数年間綺麗な状態のお花を楽しめます。

88歳のおじいちゃんやおばあちゃんでも、手間をかけることなく毎日綺麗なお花を楽しむことが可能です。

米寿カラーを基本にビタミンカラーのアレンジがGOOD

もちろん色は黄色やオレンジを基調としたビタミンカラーのアレンジがおすすめです。

黄色やオレンジはビタミンカラーと呼ばれ、アレンジメントとしても人気の配色で、パワーをもらえる色と言われます。

おじいちゃんおばあちゃんが更に長生きしてもらえるように思いを込めて贈りたいですね。

注文はインターネットから

プリザーブドフラワーを贈るには、ネットショップがとても便利でおすすめです。

プリザーブドフラワーは、お花屋さんでも扱っていますが、種類が少なかったり、なかなか好みのものが見つからない場合があります。

ネットならプリザーブドフラワーの専門店が簡単に見つかり、自宅にいながら注文が可能で、オリジナルの物を注文することも出来ます。

プリザーブドフラワーのアレンジはお店によって様々で、和風のアレンジを得意とするお店や、花時計やクリスタルの置物にアレンジされた物、オルゴールが流れるものなど、おしゃれな商品が色々と紹介されています。

ネットショップの便利な所は、希望日に発送してもらうことが可能なことです。送料無料の商品などもあり、金額によって送料無料になるお店も多くあります。

ラッピングやメッセージカードのサービスも無料で行ってもらえ、大手ショッピングサイトのお店ならポイントも貯まります。

オリジナルで注文する場合は、日数も必要になるため日にちにゆとりを持って注文することが大切です。

参考記事→米寿のお祝いにプリザーブドフラワーギフトはいかがですか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です