チアシードの注意点(副作用)と代替品

チアシードの注意点(副作用)

チアシードは、栄養豊富で、スーパーフードとして人気がありますが、注意することがあます。それは、チアシードは食物繊維が豊富なので、副作用として、摂り過ぎるとお腹がゆるくなってしまうところです。チアシードを摂取する時は、摂り過ぎないように注意して食べる必要があります。1日1回、大さじで1~2杯が目安で、それ以上、摂らないように注意しましょう。それ以上摂ると、おなかが膨れすぎるきらいがあります。チアシードは、昔から南米で食べられてきた天然素材で、信頼性のある食材なのですが、食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあります。特に、いつも快便な人は、お腹がゆるくなったり下痢気味になる可能性があります。チアシードは副作用が少ないので、どうしても食べ過ぎる傾向にあります。ダイエット中の人は、お腹が空くたびにチアシードを食べる人がいますが、それではお腹がゆるくなる可能性が高いです。1日の摂取量をしっかり守ることが、チアシードの副作用を避ける有効な方法です。また、抗凝血剤を服用するときも注意しないといけません。チアには、出血期間を伸ばしたり効力を強めたりする作用があるからです

 

チアシードの代替え品

チアシードは人気が高くなってきていると言われてはいますが、まだまだ一般的なスーパーには出回っているわけではなく、一部の購入食品スーパーや、輸入食材のショップなどで見かけるくらい希少な食材と言えますよね。では、このチアシードの代替え品になるものはないのか気になるところです。チアシードにとてもよく似た成分が含まれていると言われているのがフラックスシードです。日本名では「亜麻仁の種」と呼ばれているものがあります。ただ、このフラックスシードはチアシードと異なり、種のままではとても消化しにくく、栄養の吸収効率も悪いという特徴があります。どうしても種をくだいてパウダー状にしたり、油分を抽出してフラックスオイルとして摂取する必要があります。また、フラックスオイルは熱に弱く、加熱調理には適せず生食としてサラダやパンなどにつけて食べるという方法で摂取することになります。ちなみに、このフラックスという植物は、フラックスシード以外にもなじみ深い存在でもあるんですよ。フラックスは中東一帯を原産国としている植物で、あのリネン布の原材料でもあるんですよ。

チアシード入りのスムージーとジュース

チアシード入りのスムージーとジュース

朝食にスムージーやジュースを飲んでいるという人の中には、どうしても腹持ちがわるく間食をしてしまうために、なかなかダイエット効果が得られない。という人もいますよね。でも、このスムージーやジュースにチアシードを入れることで格段に腹持ちが良くなり、さらに栄養価もぐんと高くなりますので、スムージーやジュースを飲むときにはぜひチアシードをプラスしていただきたいと思います。スムージーを作るときには、大さじ一杯ほどのチアシードをスムージーの材料とともに入れてブレンダーで撹拌をするだけでOKですし、ジュースにチアシードを入れれば、タピオカのようにチアシードの周りが水分を含んでゲル化しブルプルな食感になりますので、食感もかわって満足できますよ。また、チアシードを入れてから少し時間を置くことで、よりチアシードのゲル化が進んでぷるんとした食感を得ることが出来るようになります。夜のうちにジュースにチアシードを入れ、一晩冷蔵こで吸水させれば、ゼリーのようなジュースを楽しむことが出来ますの出おすすめです。フルーツなどをのせて食べるジュースにしてもおいしいですよ。

チアシードの食べ方

人気が高まってきているチアシードですが、日本での知名度はまだまだ低いのが現実ではあります。チアシードを食べてみたいけど、どうしたら食べられるの?美味しく食べることはできるの?と言う方も多いですよね。チアシードは生のままで食べることが出来ますので、水に浸して食べるというのが最も簡単な食べ方になります。水に浸すと表皮がゼリー状になって何とも言えない食感になります。中はプチプチしているのに外側はプルプルなんです。そこで、ココナッツミルクに入れて1時間から一晩ほど浸します。一晩おくとチアシードの表皮の水溶性食物繊維の力でゼリー状になりますので、フルーツなどをトッピングしてデザート感覚でいただくという方法はおススメです。ジュースに一晩浸してゼリー状にしたものを朝食にいただくというもの簡単でおすすめのレシピになります。ココアやフルーツスムージに入れて飲んでもおいしくいただけますよ。大さじ一杯のチアシードでもかなりお腹が膨れますので、体にいいのであればもっと食べても大丈夫なんて考えることなく、大さじ1杯までにとどめておく方がよさそうですよ。

チアシードの栽培の仕方

チアシードの栽培の仕方

チアシードの栽培の仕方は、どのようにすればいいのでしょう。そもそもチアシードは、メキシコ原産シソ科サルビア属の植物なので、日本で栽培するのは容易ではありません。種子の色にもばらつきがあり、輸入種子なので、わずかな望みを託すしかありません。チアシードの栽培の仕方は、まず発泡スチロールにペーパータオルを敷き、その上に、チアシードを播種していきます。水につけて数十分すると、種子の周りにゼリー状の膜が出てきます。それはカエルの卵のようで、実に不気味です。ただ、播種してから、しばらくしないと発芽しません。少なくとも1週間はかかります。チアシードのチアは、中米原産の一年草で、バジルとは違います。また、売られているチアシードのタネは食用なので、何か処理されている可能性があり、その場合、発芽しないかもしれません。苗を売っているところはあるのですが、タネを売っているところは中々見つかりません。寒さに弱い一年草で春に植える植物なので、寒い時期は売っていません。チアシードは、耐寒性がないので、気温が20度を越えたら種まきしないといけません。

 

チアシードの使い方

チアシードはもともと見た目はゴマのような小さな粒になっていますが、ゴマのようは風味はなく、あじわいなどはほとんど感じることがない食べ物になっています。このチアシード、もちろんそのまま何かにパラパラと振りかけて食べても問題はありませんが、基本としては水に浸水させてふやかすという使い方をすることが一般的になっています。水を含むとだいたい10倍くらいに膨張しますが、この時点では味わいも臭いもやはりありませんので、ヨーグルトに混ぜて食べてみたり、ふやかしたチアシードをグラスなどに入れて、ジャムやフルーツなどと一緒に食べる、スムージーを作るときにチアシードを大さじ1杯ほど入れて作るというような方法を取ることが多くなってきます。また、チアシードを水ではなくジュースやココナツミルクなどに入れて一晩冷蔵庫などで吸水させることで、ゼリー状にして食べるというような使い方をすることもできます。味のついているものと一緒に食べても、その味を損なうことがないのでおすすめですよ。また、パンケーキを作るときにチアシードを入れたり、クッキーやマフィン、パンなどに入れて焼くという使い方もできます。

チアシードの原産地

チアシードの原産地

アメリカをはじめ最近では日本でも少しずつ広がってきたチアシードは、世界的にも需要が高まってきている食材になってきています。もともとマヤ文明やアステカ文明などが発展してきたメキシコ中央部を中心として自生していたチアという植物の種です。もちろん、今もチアシードはメキシコでも栽培されてはいますが、現在はメキシコよりも南米の地域であるアルゼンチンやボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビアなどの地域で栽培されていて、生産量も拡大してきています。もともとは決して生産が多かったわけではないチアシードですが、1980年代には品種改良がおこなわれており、有機栽培方式にて各国で生産が拡大しているというのが現状になっています。ダイエットや健康のためにチアシードを取り入れたいという流れは大変大きくなってきていますので、今後もこの南米地域での栽培は拡大していくのではないかと言われています。ちなみに、シソ科サルビア属のチアシードは、1年草で、日本でも育てることは可能ですが、日本では大規模にチアシードを栽培しているという農家はないようです。

 

チアシードの効果

可愛らしい紫色の花を咲かせるチアという植物の種であるチアシードは、ゴマよりも少し小さい種のなかにぎゅっとさまざまな栄養素が凝縮されているスーパーフルーツとして今人気上昇中なんです。食物繊維が豊富で、便通の改善などが期待できるんですよ。またチアシードの表皮というのはとても水分を吸収しやすい水溶性の食物繊維で出来ています。水や胃の消化液といった液体を含むと、約10倍に膨らむため、少量のチアシードを食べたとしてもかなりの満腹感を得ることが出来ます。さらに、チアシードの中には18種類と言われているアミノ酸の全てが含まれているんです。このアミノ酸のうち、抗肥満アミノ酸と呼ばれているアミノ酸がありますが、この抗肥満アミノ酸というのは、身体に取り入れられた油分を分解したり吸収するのを防ぐという効果があるんです。さらに、脂肪燃焼アミノ酸は文字通り蓄積された体脂肪の分解を助けてくれるアミノ酸です。チアシードはこのような点からダイエット効果があると言われています。また、チアシードはさまざまな栄養がバランスよく含まれていて、栄養価が高いバランス栄養食としての効果もあるんですよ。

チアシードのダイエット利用

チアシードのダイエット利用

チアシードはダイエット効果が高い食物としても知られています。南米で主に生産されているチアシードは、古代マヤやアステカの時代から食べられてきた食材で、メキシコの先住民に肥満者がいなかったのは、このチアシードを食べていたからだとも言われているんです。チアシード100g中、なんと40g弱が食物繊維であると言われています。とくに表皮にある食物繊維は水溶性の食物繊維で、水を含むと10倍に膨らむほどです。つまり、少量のチアシードを食べたとしても、お腹の中では10倍に膨らむため、満腹感を得ることが出来るんです。不溶性食物繊維も豊富ですから、便通の改善には向いています。さらに、チアシードには肥満を抑えることが出来るといわれているαリノレン酸も豊富に含まれていますし、抗肥満アミノ酸といって身体の中に取り入れた油脂が分解・吸収されるのを防ぐといった効果があるアミノ酸や、脂肪燃焼アミノ酸といって蓄積されてしまっている体脂肪の分解をサポートする効果があるアミノ酸なども含まれているんです。つまり、チアシードを食べることで脂肪を吸収しにくく、体脂肪は分解しやすくなるため、ダイエット効果も高いんですよね。

 

チアシードの栄養

チアシードの栄養は、実に豊富です。体内では作りだせない良質の油分α-リノレン酸が豊富で、脂肪の燃焼促進、高血圧予防、老化防止効果があります。また、18種類のアミノ酸、カルシウムも豊富に含まれています。チアシードは、スーパーフードと言われていて、抗酸化物質やビタミンなど、健康に良い栄養素が沢山含まれています。体に大変良く、サルビアヒスパニカというメキシコ原産のシソ科の種になります。チアシードの皮には、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、子葉はオメガ3、オメガ6を豊富に含んだオイルで構成されています。15gのチアシードを摂れば、1日に必要なα-レノリン酸を摂取することができます。チアシードの約4割が食物繊維なので、腸をキレイにすることができます。腸のデトックス効果があります。チアシードには、溶解性と非溶解性の食物繊維が含まれていて、溶解性の食物繊維には、コレステロール値を下げ、血中グルコース値を緩和する働きがあります。非溶解性の食物繊維は、便通を整える効果があります。チアシードの栄養は特筆すべきものがあり、非常に栄養価に優れた食品です。

チアシードと美容

チアシードと美容

チアシードは美容に良いので、女性から注目されています。まさに女性の味方で、シソ科ミント系のサルビアの植物の種になります。非常に人気がある健康食品で、ヨーグルトやサラダに振りかけたり、ドリンクに入れたりするだけで、消化吸収を良くすることができます。チアシードは、とても栄養価が高く、美容、ダイエットに効果的です。溶解性と非溶解性の食物繊維が含まれていて、コレステロール値を下げ、便通を整えてくれます。血糖値のバランスを整えてくれるのが食物繊維で、チアシードには水溶性と不溶性の食物繊維が含まれていて、炭水化物を糖に変えるスピードを遅くしてくれます。空腹感を抑えると共に、糖尿病の予防にも効果を発揮します。女性にとって便秘は大敵ですが、チアシードの食物繊維が便秘の症状を大幅に改善します。ダイエット中の人にとって、空腹感は辛いもので、いかに空腹にならないようにお腹をキープするかがダイエットの秘訣になります。チアシードは、水分を含むと約10倍に膨らむので、腹持ちがとても良く、ダイエットにピッタリです。少ない量、少ないカロリーでお腹を満たすことができます。

チアシードのアンチエイチング

チアシードには、アンチエイチング効果があります。8種類もの必須アミノ酸が含まれているからです。アンチエイジングには、必須アミノ酸がとても大きな役割を果たしています。体内で合成する事の出来ない必須アミノ酸は9種類あります。1種類でも不足すると体内細胞の合成に支障を来たすことになるのですが、チアシードの中には、8種類もの必須アミノ酸が含まれています。つまり、チアシードを摂れば、ほとんどの必須アミノ酸が補えるわけです。また、チアシードは腸内デトックス効果があるので、アンチエイジングに貢献します。水分を含むと10倍に膨れ上がる種なので、置き換えダイエットにもぴったりの食品なのです。腸内デトックスというと、腸内の毒出し作用で、腸内に常在している善玉菌を活性化させてくれます。チアシードには豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、チアシードには両方が含まれています。水溶性食物繊維は、腸内デトックスを促進し、不溶性食物繊維は、腸の蠕動運動を活発にし、排便効果を高めてくれます。

チアシードと食物繊維

チアシードと食物繊維

チアシードは食物繊維が豊富な食材として人気があります。では、どのくらいの量の食物繊維が含まれているのでしょうか。チアシードの約40%は食物繊維によってできていると言われています。その約95%が不溶性食物繊維になっています。腸では老廃物を押し出して排出することができる栄養成分として有名ですよね。腸内の老廃物を押し出して掃除をしてくれるということでもこの不溶性食物繊維は有名です。水に溶けない食物繊維である不溶性食物繊維は、水分を含むと数倍から十数倍膨れます。胃で膨らめば満腹感を得ることが出来、腸内では便量を増やして腸内の蠕動運動を促進させて便秘改善効果があります。残りの食物繊維は水溶性食物繊維で、実はこの水溶性食物繊維を含んでいる食材は少なく、含まれている場合でも含有量が少ないことが多くなっています。水溶性食物繊維は不溶性食物繊維よりもさらに水分をたっぷりと吸収してゲル化するという特徴があります。腸内ではオリゴ糖に代わり、善玉菌のエサになります。硬くなってしまった便ともまじりあい排便しやすい硬さに調整してくれるという特徴があります。チアシードには不溶性食物繊維も水溶性食物繊維もしっかりと含まれているので、便秘改善には向いているんですよ。

 

チアシードと飲料

チアシードと飲料というと何となくピンときませんが、実は、めいらくグループというところが、チアシード入り果汁飲料を新発売することになりました。めいらくグループは、健康素材のチアシード入り果汁飲料、つぶつぶチアシードとざくろ&フルーツを新発売することを発表しました。めいらくグループは、チルドカップ飲料のスジャータアロエ&グレープ100も発売します。チアシードを中心に、美容素材により、健康志向の飲料に仕上がっています。保湿効果のあるアロエ葉肉をしっかり使用していて、白ぶどうとりんごの果汁により、すっきりした甘さのぶどう味になっています。全国のコンビニやスーパーなどで販売することになります。チアシードというのは、シソ科植物の種子で、コレステロールを低下させるオメガ3脂肪酸や食物繊維、ビタミン、アミノ酸などを豊富に含んでいて、女性が喜ぶ成分が沢山入っています。めいらくグループはそこに目をつけたわけで、30代女性をターゲットにチアシード入りの果汁飲料を展開することになりました。チアシードは、水を吸うとゼリー状に膨らむので、腹持ちが良いメリットがあります。ダイエットに向いているということで、美容やダイエット志向の飲料として、人気を呼びそうです。

 

チアシードと芸能人

チアシードは、芸能人が愛用していることでも有名です。あの人気タレントのローラも愛用していて、ブログで紹介しています。ローラは、ホットレモン湯にチアシードとハチミツを入れて毎日、飲んでいるようです。チアシードは食物繊維が豊富なので、とても体に良く、多くの芸能人が利用しています。ぷにぷにのタピオカのような食感も受けています。ミランダカーなど、海外セレブも愛用していて、世界中の芸能人から愛用されています。人気の秘密は、栄養価が高く、満腹感のあるダイエット食品であるところです。体型を気にする芸能人にはピッタリのアイテムなのです。チアシードには、代謝を促進し、体脂肪を落としやすくしてくれるオメガ3脂肪酸が含まれています。また、他にも、カルシウム、食物繊維、ビタミンなどが豊富なので、忙しい芸能人でも、健康的に体調を管理することができます。美容や健康に不可欠な栄養価がぎっしり詰まっているチアシードは、ダイエットに良いだけでなく、肌老化を防ぐクロロゲン酸などの抗酸化作用物質も含まれているのでアンチエイジング効果もあります。

チアシードについて

チアシードとは

健康大国、ダイエット大国として知られているアメリカでは、いまチアシードが注目を浴びていますが、このチアシードというのはいったいどのようなものなのでしょうか。チアシードというのは古代のマヤ・アステカの時代に大切な食糧源だったチアという果実の金になります。見た目は黒ゴマのようですが、ゴマよりも小さな粒になっています。この小さな小さなチアシードには驚くほど豊富な栄養と、身体にとってはとても優れた成分が詰まっているんです。まず、オメガ3の含有率が、植物の中では最高になっています。コレステロールや小麦アレルギーの原因と言われているグルテンを含まないグルテンフリーという特徴があります。食物繊維が豊富で、不溶性食物繊維が30%、可溶性食物繊維が5~6%含まれています。吸水性が高いこのチアシードは、給水させると外皮の線維が膨張してゼリー状になります。チアシード100g中には、タンパク質が20.0g、飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸を含めた脂質が31.0g、食物繊維が37.9gもあり、カルシウムも714.0mgとかなり豊富なんです。古代では、チアシードと水があれば生きていけるというくらい栄養価も高い食物なんです。

 

チアシードとバジルシード

チアシードとバジルシードはよく似ているので、何となく分かり辛いです。チアシードとバジルシードは、同じ一種と表記されることもよくあるので、どうしても混同されやすいです。ただ、チアシードとバジルシードの品種は異なります。チアシードというのは、シソ科サルビア属のミントになります。南米で栽培されている果実の種で、直径2mmぐらいのゴマのような種です。水に入れると大きく膨らむ性質があり、半透明の膜で覆われるので、満腹中枢が刺激される効果があります。ふくらむ種と言われているのは、そうした所以があるからです。一方、バジルシードは、シソ科オシウム属のメボウキで、タイ、カンボジアなどの東南アジアに生息します。チアシードとは生産国が違い、同じシソ科ではあるのですが、サルビア属とオシウム属との違いがあります。似ているようでまったく違う品種なのです。チアシードとバジルシードは、水分を含むと膨らむ性質は同じなのですが、チアシードが10倍膨らむのに対し、バジルシードは30倍にも膨らみます。また、チアシードの色が黒、茶、灰色のものが混じっているのに対し、バジルシードの色は黒一色です。

 

チアシードとお菓子

チアシードが入ったお菓子があります。今人気になっているのが、チアシード豆乳おからクッキーです。これは、チアシードと豆乳とおからを使った豆乳クッキーで、食物繊維を豊富に含んだダイエット食品として好評を博しています。チアシードの皮には、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。そしてチアシードの子葉には、オメガ3、オメガ6を豊富に含んでいます。さらに、8種類の必須アミノ酸が含まれているので、アンチエイジングや成人病の予防に効を奏します。チアシードが入ったお菓子、チアシード豆乳おからクッキーは、和菓子職人がチアシードとおからをあわせておいしく焼き上げています。プレーンとココアの2つの味があるので飽きることはありません。1日1袋を目安に好みの飲み物と一緒に食べるだけで、ダイエット効果が得られます。チアシードのお菓子は、自宅でも手軽に作ることができます。チアシード入りのクッキーはオススメで、簡単に作れます。グラハムビスケットに入れるとよく、ノンエッグノンバターで作るととてもヘルシーで美味しいです。

 

 

チアシードを取り入れた健康生活

チアシードで健康生活

チアシードというとダイエット目的で摂取する人が多くみられますが、実はもともとこのチアシードと水さえあれば生きていくことが出来ると言われていたほど、栄養的にもとても優れた食物で、健康生活を送る上でも大変優れた食物になっているんです。チアシードの約30%は脂質なのですが、その脂質にはオメガ3系の必須脂肪酸であるαリノレン酸を20%以上含んでいます。一方で飽和脂肪酸は脂質全体の1割程度と少ないという特徴があるんです。体にとって必要なアミノ酸や必ず必要になる必須アミノ酸については、そのすべての種類を含有しています。ミネラル分も大変多く、カルシウムやカリウムが100g中700mgづつ含まれ、鉄が16.4mg、亜鉛が3.7mgとたいへん豊富になっています。さらに食物繊維も豊富で、100g中40g程度が食物繊維で、不溶性食物繊維が30g程度、水溶性食物繊維が10g程度含まれていますでの、便秘改善や予防を行うことが出来ます。便秘は万病の原因にもなりますよね。チアシードを常食していたと言われているメキシコの先住民族には肥満や糖尿病、高血圧症や心臓病といった疾患を抱える人がいなかったと言われているほど、健康生活を送るためには良い食材なんですよ。

チアシードとオメガスリー

チアシードには、オメガスリーが含まれています。チアシードには、現代人が摂取しにくく、不足しがちな必須脂肪酸であるオメガスリー系の脂肪酸、αリノレン酸を20%以上も含んでいます。そう言う意味では、とても貴重な食材なのです。チアシードを10g食べるとだけで、αリノレン酸を2g食べることになります。これで1日の推奨摂取量を取れるようになっています。チアシードは、料理に使いやすいので、オメガスリー系の脂肪酸を含む食材として、毎日の食事におすすめできます。オメガスリーは、現代人に特に不足していると言われています。肉類、乳製品に偏った現代人の食生活は、αリノレン酸などオメガスリー系の必須脂肪酸不足を招いています。木の実、果物、野菜、魚中心の昔の時代は、そうしたことはなかったのですが、欧米化が進んだ現代人の食生活は、かなりオメガスリーが欠乏しています。健康にとって理想的な摂取比率を叶えるには、チアシードでオメガスリーをしっかり摂るのが一番です。オメガスリーを積極的に摂取すれば、ガン、心臓病、脳梗塞、アトピーなどの生活習慣病にさらされることが少なくなります。

塩レモンのレシピ事例

塩レモンのレシピ

塩レモンは、自然に熟成が進むので、時間がおいしくしてくれます。塩レモンのレシピとしておすすめなのは、塩分濃度10%です。適度なしょっぱさがあり、塩味の見当もつけやすく非常に使いやすいです。レモン丸ごとで漬け込むのがモロッコスタイルになりますが、くし形に切って漬けると1か月くらいで塩がよくなじみ、少量でもつくりやすいので便利です。料理の味わいを引き締めてくれる塩レモンは、酸味も穏やかなので、酸っぱいのが苦手な人でも大丈夫です。料理としての塩レモンのレシピは、鶏手羽の塩レモン焼などが人気ですが、野菜を劇的においしくするのが塩レモンです。サラダに蒸し野菜にディップに、そしていつものポテトサラダに塩レモンを使えば、よそゆきに変身します。おすすめは、簡単にできるキュウリの塩レモンマヨディップです。爽やかな塩レモンに、マヨネーズと酢がキュウリディップにとてもよく合います。塩レモンのキャベツの蒸しやきもいいです。1ヶ月漬け込んだ塩レモンで肉と野菜を蒸し焼きにすると、とても柔らかくなり、お弁当に持って行っても美味しく食べられます。塩レモンは、ごはんのレパートリーをぐっと豊かに爽やかにしてくれます。

 

塩レモンのサラダ編

健康のためや美容のために毎日サラダを食べるという人もたくさんいますが、自分でサラダを作って食べる際に塩レモンのレシピを参考にすると良いです。近年ではアボガドを使ったサラダを食べることも多くなりましたが、アボガドとベーコンやその他魚介類などを混ぜて塩レモンで和えるととても食べやすくなります。また、自分で作った塩レモンにオリーブオイルやブラックペッパーなど加えてサラダの上にかけるだけで、見た目もキラキラとして美しく食べる際にも非常にさっぱりとした味わいのサラダに仕上がります。生ハムとの相性も良いので、生ハムを使った様々なサラダに塩レモンの風味をプラスしてみるのもおしゃれな塩レモンのレシピになります。さらに、お豆腐を使ったサラダを食べる際にも塩レモンを使うとお豆腐の甘みがますので満足度の高い仕上がりとなります。このほかにも温かいサラダを食べる際にもブロッコリーやトマト、人参などと言った温野菜に生ハムと塩レモンを混ぜたものを添えると、少々変わったバーニャカウダとして食べることもできます。サラダは可能な限り取り入れた方が良いメニューとなっているため、塩レモンのレシピをどんどん活用しながら美容と健康を手に入れましょう

 

塩レモンのパスタ編

パスタ料理というのはとても手軽に作ることができて、なおかつ合わせる具材によってはヘルシーに食べることができるため、女性のダイエットやランチなどにも人気あります。またお子様もパスタ料理が好きというケースが多いので、ご家庭でも様々なパスタ料理を作ることが増えてきていますが、塩レモンのレシピの中にパスタも含まれています。塩レモンを使うだけで簡単にクリーミーなパスタを作ることができるのですが、生クリームと塩レモンを準備してなおかつ、ベーコンなどを準備しカルボナーラを作る時のように塩レモンと生クリームを変えながらパスタを混ぜると濃厚で、なおかつさっぱりとしたカルボナーラを食べることができます。また冷たいパスタを食べるときには、シソやその他生野菜などと合わせて塩レモン、それからキャベツ、ツナなどをパスタに混ぜるだけで食欲がないときでもしっかりとした食事をとることができます。温かいパスタにも冷たいパスタにも塩レモンピッタリとマッチしてくれますので、パスタを使った塩レモンのレシピを自分なりに考案してみてはいかがでしょうか?

 

塩レモンの魚編

塩レモンは様々な料理に合いますが、特にお魚を食べる際の塩レモンのレシピはさっぱりとした仕上がりになるため、普段はお魚を食べることが苦手な人でも食べられる可能性が高くなります。例えば煮物を作る際にも、また魚を焼く際に塩レモンを少々プラスしてお魚を焼くだけで、お魚の臭みそのものも無くなりさっぱりとした仕上がりになります。そのため、タルタルソースなどを使わなくてもバター醤油で食べられます。また近年ではカルパッチョをご家庭で食べる人々も多くなりましたが、カルパッチョを食べる際にもオリーブオイルを使ったドレッシングではなく、塩レモンを少々添えるだけで見た目もおしゃれで鮮やか、そして食べてもさっぱりとしてお酒のつまみなどに最適です。また干物を焼いて食べる際にも塩レモンと大根おろしを混ぜたり、細かく刻んで白ネギなどを混ぜてお魚を食べると非常に美味しく、お魚の風味もより一層良いものになります。日頃はお魚を食べることが少ないご家庭でも塩レモンのレシピを上手に活用していく事で、お魚を使ったメニューが増えるのではないでしょうか。

 

塩レモンの鶏肉編

鶏肉を使った料理はヘルシーでなおかつ経済的にも低コストなため、それぞれのご家庭でオリジナルメニューを考えているものですが、塩レモンのレシピとして、鶏肉を使ったものもたくさんあります。例えば、いつものように唐揚げを作る際にも漬け込みをする際に塩レモンを少々加えるだけで油っぽさが減り、とてもさっぱりした仕上がりになります。またこの他にもチキンステーキを焼いてからバターと醤油などのソースをかけるのではなく、塩レモンでソースを作って乗せるだけでもさっぱり食べることができます。特にチキンステーキのように皮を1枚大きく使ってしまうような食事の場合にはカロリーも気になり、さらには油が気になってしまい苦手という人もいるようですが、塩レモンのレシピを上手に活用することで食べた際のさっぱり感が大きくなりたくさん食べられます。このほか、鶏肉を使って鍋料理をするなどといった場合にも火が通った鶏肉を食べる際に塩レモンを少しのせて食べたり、お鍋のスープを作る際に塩レモンを混ぜると風味もよくなります。もちろん、ごく一般的に唐揚げを作って食べる際にも塩レモンを少し乗せて食べるだけで、いつものから揚げがおしゃれな味に早変わりしてくれます。